母から、

「おじいちゃんにチョコレート贈った?」

って電話がありました。
しかも、バレンタインデー当日。

贈ってません。
だって、今まで贈っていなかったし。
父と義父には送りましたけど。
今まで祖父に贈ったことなかったので、チョコ贈ろうなんて考えてもいませんでした。

でも、祖父は妹から「はい、義理チョコ(笑)」なんて言われながらも。
もらってとても喜んでいるんだそうです。
だから、贈ってあげてよ、なんて言われて。

え・・・
今日、バレンタイン当日ですよ。
離れて暮らしているんですよ。
今日手配して送ったとしても、最速明日。
バレンタイン終わっちゃいますよ?
今更言われてもなぁと思って。
来年でいっか。って思ったのですが・・・

祖父はもう90過ぎていて。
とっても元気だからつい忘れてしまいますが、90過ぎればいつ何があるかわからないわけで。
あー。来年なんて言っていないでチョコ贈ってあげればよかったなぁ。
なんて後悔したらイヤ!
なんて縁起でもない想像したりして。
一日遅れちゃいますが、チョコを贈りました。

祖父母

京都のお茶屋さんの抹茶チョコを贈りました。
ネットで選んだのでよくわからなかったのですが、桐箱に入った高級な雰囲気のチョコだったみたいで。
祖父から嬉しそうに電話がかかってきました。
そして、なぜか祖母も大喜び。
あれだけ喜んでくれたのなら、贈った甲斐がありました。
来年からはちゃんとバレンタインに届くように送ってあげよう。